ADHD,発達障害,転職,就職,転職エージェント

ADHDの私が転職に巡り合うための記録

ADHDの症状によってミスを繰り返してしまう

ADHDの症状によってミスを繰り返してしまうのですが、実際のところ何が一番困るかというとそれらの失敗により評価が下がりきつい言葉を浴びせられ精神的に参ってしまうことです。


ADHDの当事者を特に困らせる症状は「チェックの甘さ」「確認ミスの多さ」であるため、チェックミスや確認不足がある程度許される社風や業務をすることが社会生活を成り立たせるための近道です。
障害者トライアル雇用の求人を選択して企業に就労し、経験を重ねるという方法があります。
正規雇用で働いているADHD当事者の割合は低く正規雇用は2割程度で60%くらいが定食に就いていないという情報もあります。
就職活動のプロセスも一般雇用・障害者雇用では変わってきます。一般の方と同じ条件の元で働くことを一般雇用といいます。できないことをオープンにするかは本人次第です。

自分が公開しなければ障がいが会社にバレることはあまりおきないでしょう。就労支援をおこなっている事業所は手帳が無くても障害福祉サービス受給者証を持っていれば利用することができます。

ただ、就労移行支援を使った場合でも障害者雇用の制度を利用するなら障害者手帳を持っていなくてはなりません。


自分にしかできない凄い能力があってもできないことも多いので評価されず、やりたい仕事ををせせてもらえる機会が与えられないというのがまじめ系クズであるADHDのツライところです。障害者雇用の場合、会社が社員をクビにする条件が厳しいので簡単に解雇できないという特徴があります。
待遇面では正社員と全く同じとはいきませんが、契約社員と同じような条件で雇用される方が多いです。クローズ就労するということは他の社員と同じ給料を貰うということなので、自分だけ仕事を選びたいとは言えません。


ADHDの人は失敗が大きな問題になりうる業務より思いつきやチャレンジ精神が評価される仕事の方が合っていると言われています。
今までの経験の中で特に印象的な失敗や苦にならなかった仕事を紙に書き出してみましょう。



特定の作業で繰り返し同じ失敗をした経験があるならば近い仕事内容の職種はやめておいた方がよいかも知れません。自分のADHDの特性とマッチしない仕事を続けていると精神的に参ってしまい鬱などの別の病を発症してしまうこともあります。自分でどうしようもなくなる前に就職・転職活動を始めると自分を守る結果に繋がるでしょう。とくにADHDだと会社やコミュニティでストレスを抱えやすいので、日頃から悩みすぎないように努力することが大切です。


やりたくないなどと考えないで興味のある訓練を積極的に受けてみてください。対応療法やグループディスカッションなど、就職に活かせる内容が盛り沢山です。

家を出る習慣を身体に覚えさせることも就職活動の為のよい練習になります。はらから見ていると簡単そうに見える仕事でも身体を動かしてみると想像と全く違ったということは当たり前のようにあります。就労支援を行っている事業所では面談の訓練をしてくれます。ADHDを抱えていると言わなくてよいことを言ってしまうので、工夫している点や、得意なことなどを伝えられるように準備しました。
転職活動をする時、自分の特性をオープンにするのか隠すのかは悩ましい点です。


就職後の働きやすさを考えればできないことを理解してもらっておいたほうが多くを期待されずに済み働き易いでしょう。


問題は障害を説明した上で採用試験を乗り越えられるかどうかです。

メニュー

Copyright(C) 2012 ADHDの転職を探す終わりなき旅 All Rights Reserved.