ADHD,発達障害,転職,就職,転職エージェント

ADHDの私が転職に巡り合うための記録

障害者雇用の場合、会社が社員をクビにす

障害者雇用の場合、会社が社員をクビにする条件が厳しいので簡単に解雇できないという特徴があります。
仕事の内容は通常の契約社員の方などと同じような条件で雇用される方が多いです。ADHDの特性を持っている人は失敗が大きな問題になりうる業務よりアイディアや行動力を重視した職業の方が向いていると言われています。



今までの仕事の中で特に印象的な失敗や積極的にできた仕事などを紙に書き出してみましょう。


過去に取り返しがつかない失敗があれば同じような職種は優先度を下げた方が良いでしょう。
ADHDの症状によって注意不足による失敗をしやすくなるのですが、当事者が何に困っているかというとミスを重ねることで評価が下がりパワハラを受け厳しい人間関係に陥ってしまうことです。
転職活動の取り組み方も一般雇用・障害者雇用では変わってきます。

障害のない方と同じ条件で雇用されることを一般雇用といいます。できないことをオープンにするかは各々の判断によるでしょう。

本人が公開しなければ障がいが会社に認知されることは基本的にありません。


ADHDの当事者はさまざまな場所で鬱な気持ちになりやすいので日常的に思い悩まないように意識することが大切です。



ADHDの当事者を一番困らせる特性は「ミスの多さ」「誤字・脱字の多さ」であるため、失敗や確認漏れが許容される文化や業務をすることが社会生活を成り立たせるための近道です。向いていない仕事をしていると、精神的に限界がきて鬱などの別の病を発症してしまうこともあります。

退職せざるを得ない状況に陥る前に退職などの選択肢も頭に浮かべておくと窮地に追い込まれなくてすむかもしれません。

普通の人よりできる分野があっても、能力が低い部分が足を引っ張ってしまい、得意な能力を発揮する機会が与えられないというのがまじめ系クズであるADHDのツライところです。トライアル雇用を選んでどうにか就職し、働くという選択肢があります。
正規雇用で就職しているADHDの人の割合は低く正規雇用の割合は20%程で、60%程はそうではないという記事もあります。

就労支援を行っている事業所では書類審査後の面接の練習もしてくれます。コニュニケーションが苦手な場合面接でおかしなことを口走ることがあるので休職期間についてのことや、やりたいことなどを事前に練習しました。



なんとなく見ているとどんな単純な仕事に見えても実際にやってみると想像と全く違ったということは誰でも経験したことがあるでしょう。

会社に障害を隠しているということは言えません。採用試験を受ける時、自分の不得意なことをオープンにするのか説明しないのかは悩むポイントです。
就職後の働きやすさを考えれば特性を理解して貰っていた方が自分にとってよいことなのは明らかです。難しいのは障害があることを伝えた上で採用されるかです。


「資格があるから充分」と考えず、様々な訓練をなるべく沢山受けてください。

面接の練習やグループディスカッションなど、就職に活かせる内容が盛り沢山です。様々な人とコミュニケーションを取ることも自分のために役立ちます。就労移行支援は手帳が無くても障害福祉サービス受給者証を持っていれば使うことができます。



しかし、移行支援を活用して就職先を探す場合でも障害者雇用の制度を利用するなら障害者手帳を取得している必要があります。


メニュー

Copyright(C) 2012 ADHDの転職を探す終わりなき旅 All Rights Reserved.