ADHD,発達障害,転職,就職,転職エージェント

ADHDの私が転職に巡り合うための記録

就職を考える時、自分の障害を開示するのか説明し

就職を考える時、自分の障害を開示するのか説明しないのかは誰もが悩む問題だと思います。採用されたあとのことを考えれば障害を知ってもらい、フォローして貰うほうが多くを期待されずに済み働き易いでしょう。悩ましいのは苦手なことを伝えた上で面接を突破できるかです。
はらから見ていると簡単そうに見える仕事でも身体を動かしてみると大変さが身に染みるということは誰でも経験したことがあるでしょう。


就職活動の取り組み方も一般求人か障害者求人かでは異なってきます。
非障害者の人と同様の条件で働くことを一般雇用といいます。
特性を会社に伝えるかどうかは各々の判断によるでしょう。
自分が公開しなければ障がいが会社に認知されることは基本的にありません。今のままでいいと考えず、様々な訓練を精力的に受けてください。


軽作業や企業実践など、就職に活かせる内容が盛り沢山です。家を出る習慣を身体に覚えさせることも就労のための訓練になります。
トライアル雇用の求人を選んで企業にトライアルとして就労し、経験を重ねるという方法があります。

正規雇用で就職しているADHD当事者の割合は低く正規雇用は2割程度で6割ほどは無職だという記事もあります。他の社員と同じ自分だけ「あれはできない」「これはできない」とは障害者雇用の場合、会社が社員をクビにする条件が厳しいので解雇されにくいという特徴があります。仕事の面では一般枠の契約社員の方などと同等の条件で雇用される方が多いです。就労支援では面談の訓練をしてくれます。



ADHDの人は面談で言わなくてよいことを言ってしまうので、休職期間についてのことや、やりたいことなどを伝えられるように準備しました。ADHDの当事者は対人関係で鬱な気持ちになりやすいので日頃から思い悩まないように心がけることが大切です。
ADHDであることによって失敗を重ねてしまうのですが、実際のところ何が一番困るかというと引き起こす失敗の数々により厳しい叱責を受け精神的に参ってしまうことです。
自分にしかできない凄い能力があってもできないことも多いので評価されず、いつまでも苦手な仕事ばかりしか回ってこないというのがADHDのツライところだと思います。



自分のADHDの特性とマッチしない仕事を続けていると心が病んでしまい鬱などの別の病を発症してしまうこともあります。

新たな問題を抱え込む前に自分の特性にあった仕事を検討し始めるとニッチモサッチモいかないという状況を回避できるでしょう。
ADHDの人を一番悩ませる症状は「不注意による失敗」「抜け漏れの多さ」であるため、失敗や確認漏れがリカバリーできる業務内容を考える必要があります。
ADHDには数値やミスの許されない業務より、思いつきやチャレンジ精神が評価される仕事の方が向いていると言われています。
今までの経験の中で会社を辞めるきっかけとなった失敗や楽しみながらできた仕事を挙げてみましょう。失敗が仕事に大きな影響を与えた作業があれば、そのような仕事や職種は優先度を下げた方が良いでしょう。

就労移行支援事業所は障害者手帳がなくとも障害福祉サービス受給者証を持っていれば使用できます。しかし、移行支援を活用して就職先を探す場合でも障害者枠を使っての採用されるには障害者手帳を取得している必要があります。

メニュー

Copyright(C) 2012 ADHDの転職を探す終わりなき旅 All Rights Reserved.