ADHD,発達障害,転職,就職,転職エージェント

ADHDの私が転職に巡り合うための記録

無理をして自分に合っていない仕事を続けてい

無理をして自分に合っていない仕事を続けていると心が疲れてしまい心が壊れてします可能性もあります。
困り感が我慢できないほど強くなる前に転職サイトやハローワークで情報を集めておくと良いかもしれません。自分にしかできない凄い能力があってもできないことが評価を下げてしまい、やりたい仕事ををせせてもらえる機会が回ってこないというのがまじめ系クズであるADHDのツライところです。


各県のハローワークでは面接の為のサポートをしてくれます。
コニュニケーションが苦手な場合面接でボロが出てしまうので、自分の特性のことや、やりたいことなどを分かりやすく説明できるよう準備しました。

ADHDであることによって注意不足による失敗をしやすくなるのですが、当事者が何に困っているかというとミスの蓄積により上司や同僚から信頼されなくなり精神的に参ってしまうことです。

今のままでいいと考えず、いろいろな訓練を精力的に経験してください。軽作業やグループディスカッションなど、働く上で役立つ内容をたくさん学ぶことができます。
家から出る習慣を付けることも就職の為の訓練になります。ADHDを持っている人は失敗が大きな問題になりうる業務より思いつきやチャレンジ精神が評価される仕事の方が合っていると言われています。


過去の体験の中で仕事を辞めたくなった出来事や他の人より上手にできた仕事を挙げてみましょう。特定の作業で繰り返し同じ失敗をした経験があるならば同様の仕事はやめておいた方がよいかも知れません。
障害者枠は解雇要件が非常に厳しいため解雇されにくいという特徴があります。給料などの面では通常の契約社員と同等の条件で雇用している会社がたくさんあります。就労移行支援事業所は手帳が無くても障害福祉サービス受給者証を持っていればサービスを利用できます。


ただし、支援を受けて就職する場合でも障害者雇用として企業に採用されるためには障害者手帳を持っていなくてはなりません。

ADHDの当事者を一番悩ませる症状は「ケアレスミスの多さ」「誤字・脱字の多さ」であるため、チェックミスや確認不足がリカバリーできる業務内容を考える必要があります。はらから見ていると自分にもできそうな仕事に見えてもいざ体験してみると想像と全く違ったということはよくある話です。


転職活動の取り組み方も一般求人か障害者求人かでは変わってきます。
障害のない方と同じ条件で雇用されることを一般雇用といいます。
自分の障害を企業に告知するかどうかは、本人次第です。自分が言わない限り、障がいが会社にバレることはあまりありません。


会社に障害を隠しているということは周りの他の社員と同じ額の自分だけ仕事を選びたいとは言いにくいものです。

ADHDの人はコミュニケーションで思い悩みやすいので、できるだけ深く考えこんでしまわないように注意することが大切です。障害者トライアル雇用の求人を活用して企業に就労し、経験を重ねるという方法があります。
正規雇用で働いているADHDの人の割合は低く正規雇用の割合は20%程で、60%程はそうではないという調査もあります。採用試験を受ける時、自分の苦手なことをオープンにするのかクローズにするのかは悩むポイントです。

就職後の働きやすさを考えれば特性を理解して貰っていた方が働きやすいことは明白です。問題は障害を説明した上で採用試験を乗り越えられるかどうかです。

メニュー

Copyright(C) 2012 ADHDの転職を探す終わりなき旅 All Rights Reserved.