ADHD,発達障害,転職,就職,転職エージェント

ADHDの私が転職に巡り合うための記録

普通の人よりできる分野があっても、能力が低い部分

普通の人よりできる分野があっても、能力が低い部分が足を引っ張ってしまい、いつまでたっても出来ないやつ扱いで、活躍のチャンスが回ってこないというのがADHDの悲しい運命です。障害者枠は解雇要件が非常に厳しいため解雇しにくいというメリットがあります。

給与額や仕事の内容の面では、正社員と全く同じとはいきませんが、契約社員と同じような条件で雇用される方が多いです。ADHDであることによって注意不足による失敗をしやすくなるのですが、実際のところ何が一番困るかというとミスの蓄積により周囲からの信頼を失い厳しい人間関係に陥ってしまうことです。障害を公表せずに勤務するということは他の社員と同じ報酬を貰うということですので、ADHDの人は細かいチェックが必要な仕事よりアイディアや行動力を重視した職業の方が合っていると言われています。今までの経験の中で会社を辞めるきっかけとなった失敗や楽しみながらできた仕事を洗いだしてみましょう。

失敗が仕事に大きな影響を与えた作業があれば、そのような仕事や職種は選択しないことをおすすめします。就労移行支援事業所は障害者手帳を持っていなくても障害福祉サービス受給者証を持っていればサービスを受けることができます。
ただ、就労移行支援を使った場合でも求人の多くが障害者雇用を前提としているため、障害者手帳を持っていなくてはなりません。ADHDを抱える人の多くはコミュニケーションでストレスを抱えやすいので、日頃から悩みすぎないように心がけることが大切です。
就職活動をする時、自分の障害を正直に話すのかクローズにするのかは大きな選択となります。採用後のことを考えれば障害を知ってもらい、フォローして貰うほうが働きやすいことは明白です。悩ましいのは苦手なことを伝えた上で採用試験を乗り越えられるかどうかです。
誰かがやっているのを見ているとマルチタスクが苦手な自分にもできそうな仕事に思えても自分でやってみると想像と全く違ったということはよくある話です。向いていない仕事をしていると、心が病んでしまいうつ病などの精神疾患を抱えてしまうこともあります。
退職せざるを得ない状況に陥る前に自分の特性にあった仕事を検討し始めると自分を守る結果に繋がるでしょう。
就職活動のプロセスも一般求人か障害者求人かでは違ってきます。
一般の方と同様の条件で働くことを一般雇用といいます。特性を会社に伝えるかどうかは本人次第です。


自分が公開しなければ障がいが会社にバレることはそうそう起きないでしょう。


意味が無いなどと思わないでいろいろな訓練を自発的に試してみてください。


面接の練習や企業実践など、就職に活かせる内容が盛り沢山です。



家を出るくせをつけることも自分のために役立ちます。



ADHDの当事者を一番悩ませる症状は「ミスの多さ」「確認ミスの多さ」であるため、不注意による失敗がある程度許される社風や仕事の内容を選ぶ必要があります。ハローワークでは面接の為のサポートをしてくれます。
ADHDを抱えていると不用意な発言をしてしまうので、工夫している点や、前職を辞めた理由などを事前に練習しました。

トライアル雇用を選んで企業にトライアルとして就労し、実務経験を積むという方法があります。
正社員として採用されているADHDの人の割合は低く正規雇用の割合は20%程で、非正規または無職の人が多いという調査もあります。

参考:発達障害者支援法 発達障害者支援法

メニュー

Copyright(C) 2012 ADHDの転職を探す終わりなき旅 All Rights Reserved.