ADHD,発達障害,転職,就職,転職エージェント

ADHDの私が転職に巡り合うための記録

発達障害を抱える人は対人関係で思い悩みや

発達障害を抱える人は対人関係で思い悩みやすいので、なるべく普段から楽しいことを考えるように工夫することが大切です。



自分のADHDの特性とマッチしない仕事を続けていると心が病んでしまい「うつ病」につながる場合もあります。自分でどうしようもなくなる前に転職サイトやハローワークで情報を集めておくと良いかもしれません。ADHDの当事者を一番困らせる特性は「ケアレスミスの多さ」「確認ミスの多さ」であるため、チェックミスや確認不足がある程度許される社風や仕事の内容を選ぶ必要があります。トライアル雇用の求人を活用して企業に就労し、働き始めるという方法があります。

正社員として働いている発達障害を抱える人の割合は低く正規雇用は2割程度で非正規の割合がかなり高いという調査もあります。就職活動のプロセスも一般雇用かトライアル雇用かでは変わってきます。非障害者の人と同様の条件で働くことを一般雇用といいます。

自分の障害を企業に告知するかどうかは、本人の考え方次第でしょう。

自分が言わない限り、障がいが企業に伝わることはそうそう起きないでしょう。


就職活動をする時、自分のできない部分を説明するのか上手く誤魔化すのかは悩ましい点です。採用後のことを考えれば障害を知ってもらい、フォローして貰うほうが自分にとってよいことなのは明らかです。

問題は障害を説明した上で選ばれるかどうかです。

自分にしかできない凄い能力があってもできないことが評価を下げてしまい、得意な能力を発揮する機会が回ってこないというのが発達障害のツライところだと思います。



はらから見ていると自分にもできそうな仕事に見えても実際にやってみると思ってもいなかった大変さに気付くということは往々にしてあります。今のままでいいと考えず、いろいろな訓練をどんどん受けてみてください。
軽作業やグループディスカッションなど、利用できる内容が豊富です。
家を出る習慣を身体に覚えさせることも就職後の自分のためになります。



障害者雇用の場合、会社が社員をクビにする条件が厳しいのでクビになりにくいというメリットがあります。
仕事の内容は正社員と全く同じとはいきませんが、契約社員の方などと近い条件で採用される場合は多いようです。



ADHDであることによって失敗を重ねてしまうのですが、実際のところ何が一番困るかというと失敗が多すぎて厳しい叱責を受け退職せざるを得ない状況に追い込まれてしまうことです。



就労支援をおこなっている事業所は手帳が無くても障害福祉サービス受給者証を持っていればサービスを利用できます。



ただ、就労移行支援を使った場合でも障害者雇用の制度を利用するなら障害者手帳が必要になります。
ADHDを持っている人は数値やミスの許されない業務より、アイディアや行動力を重視した職業の方が向いていると言われています。
過去の体験の中で会社を辞めるきっかけとなった失敗や積極的にできた仕事などを整理してみましょう。

会社に大きな迷惑を掛けてしまったような作業があれば同じような職種は選ばないほうが無難でしょう。職業安定所では書類審査後の面接の練習もしてくれます。ADHDの人は面談で失敗してしまうので、希望の職種や、志望動機などを事前に練習しました。


お金を貰うということなので、自分だけ簡単な仕事をさせて欲しいとは


メニュー

Copyright(C) 2012 ADHDの転職を探す終わりなき旅 All Rights Reserved.