ADHD,発達障害,転職,就職,転職エージェント

ADHDの私が転職に巡り合うための記録

就労支援を行っている事業所では面談の訓練をしてく

就労支援を行っている事業所では面談の訓練をしてくれます。コニュニケーションが苦手な場合面接で言わなくてよいことを言ってしまうので、希望の職種や、前職を辞めた理由などを事前に練習しました。障害者枠での採用は解雇するためのハードルが高いため解雇しにくいというメリットがあります。
待遇面では正社員と全く同じとはいきませんが、契約社員の方などと近い条件で採用される場合は多いようです。誰かがやっているのを見ていると自分にもできそうな仕事に見えても身体を動かしてみると想像と全く違ったということはよくある話です。ADHDの当事者は会社やコミュニティで気持ちが沈みがちなので日頃から楽しいことを考えるように工夫することが大切です。ADHDには細かいチェックが必要な仕事より失敗しても取り返しがきく仕事の方が向いているようです。



自分の経験の中で会社を辞めるきっかけとなった失敗や楽しみながらできた仕事を整理してみましょう。会社に大きな迷惑を掛けてしまったような作業があれば同様の仕事は優先度を下げた方が良いでしょう。障害者トライアル雇用の求人を活用して会社に就職し、経験を重ねるという方法があります。


正社員として採用されているADHDを抱える人の割合は低く正社員の割合は2割ほどで、60%程はそうではないという調査もあります。
就職活動のプロセスも一般雇用かトライアル雇用かでは違ってきます。障害のない方と同じ条件で雇用されることを一般雇用といいます。
特性を会社に伝えるかどうかは各々の価値観によります。自分が言わない限り、障がいが企業に伝わることは基本的にありません。
就労支援をおこなっている事業所は障害者手帳を持っていなくても障害福祉サービス受給者証を持っていれば利用することができます。ただ、就労移行支援を使った場合でも障害者雇用として企業に採用されるためには障害者手帳を取得している必要があります。
自分のADHDの特性とマッチしない仕事を続けていると精神的に参ってしまい「うつ病」につながる場合もあります。
問題が大きくなる前に就職・転職活動を始めるとニッチモサッチモいかないという状況を回避できるでしょう。普通の人よりできる分野があっても、疎まれることがおおく、いつまでも苦手な仕事ばかりしか回ってこないというのがADHDの悲しい運命です。


会社に障害を隠しているということは自分だけ「あれはできない」「これはできない」とはADHDの人を一番困らせる特性は「チェックの甘さ」「確認ミスの多さ」であるため、不注意による失敗が大きな問題とならない職業を選ぶ方が働きやすいでしょう。
「資格があるから充分」と考えず、したことがない訓練をどんどん受けてください。面接の練習や企業実践など、働く上で役立つ内容をたくさん学ぶことができます。
様々な人とコミュニケーションを取ることも就職活動の為のよい練習になります。ADHDであることによってケアレスミスを起こしやすくなるのですが、実は何が大変かというとミスの蓄積により厳しい叱責を受け疲れ果ててしまうことです。転職活動をする時、自分のできない部分を開示するのか上手く誤魔化すのかは誰もが悩む問題だと思います。

採用されたあとのことを考えれば特性を理解して貰っていた方が長く働くことができるでしょう。

問題はできないことを伝えて採用してもらえるかどうかということです。

メニュー

Copyright(C) 2012 ADHDの転職を探す終わりなき旅 All Rights Reserved.