ADHD,発達障害,転職,就職,転職エージェント

ADHDの私が転職に巡り合うための記録

とくにADHDだとさまざまな場所で鬱な気持ちに

とくにADHDだとさまざまな場所で鬱な気持ちになりやすいのでできるだけ悩みすぎないように心がけることが大切です。
障害者雇用の枠を利用した採用の場合、クビにしにくいためクビになりにくいというメリットがあります。
待遇面では正社員と全く同じとはいきませんが、契約社員と同じような条件で採用される場合は多いようです。障害者トライアル雇用を選んで会社に就職し、働き始めるという方法があります。

正規雇用で就職しているADHDの人の割合は低く正社員の割合は2割ほどで、60%くらいが定食に就いていないという情報もあります。

ADHDの人を特に困らせる特性は「ケアレスミスの多さ」「誤字・脱字の多さ」であるため、チェックミスや確認不足が大きな問題とならない職業を選ぶ方が働きやすいでしょう。

向いていない仕事をしていると、心が疲れてしまい心が壊れてします可能性もあります。

退職せざるを得ない状況に陥る前に退職などの選択肢も頭に浮かべておくといざという時動きやすいかもしれません。
やりたくないなどと考えないで未経験の訓練を精力的に受講してみてください。

悩みの相談や企業実践など、活用できるカリキュラムは沢山あります。
様々な人とコミュニケーションを取ることも就職後の自分のためになります。
ADHDであることによってケアレスミスを起こしやすくなるのですが、実は何が大変かというとミスの蓄積によりきつい言葉を浴びせられ精神的に参ってしまうことです。なんとなく見ていると自分にもできそうな仕事に見えても身体を動かしてみると想像と全く違ったということは結構起こります。
就職を考える時、自分の不得意なことをオープンにするのかクローズにするのかは誰もが悩む問題だと思います。

採用されたあとのことを考えれば障害を知ってもらい、フォローして貰うほうが多くを期待されずに済み働き易いでしょう。問題はできないことを伝えて面接を突破できるかです。

就職活動の取り組み方も一般雇用かトライアル雇用かでは変わってきます。



普通の方と同等の条件で雇用されることを一般雇用といいます。特性を会社に伝えるかどうかは本人次第です。本人が周りに公言しなければ障害が会社にバレることはそんなにないでしょう。
他の従業員と同じ額の報酬を貰うということですので、、、ADHDの特性を持っている人は失敗が大きな問題になりうる業務よりアイディアや行動力を重視した職業の方が向いているようです。

過去の体験の中で二度としたくないと思うことや苦にならなかった仕事を紙に書き出してみましょう。

失敗が仕事に大きな影響を与えた作業があれば、そのような仕事や職種はやめておいた方がよいかも知れません。
就労支援を行っている事業所では面接についての相談に乗ってくれます。
発達障害の人は面接で失敗してしまうので、今までの経歴や、前職を辞めた理由などを上手に説明できるように練習しました。就労移行支援は手帳が無くても障害福祉サービス受給者証を持っていればサービスを受けることができます。
しかし、移行支援を活用して就職先を探す場合でも障害者雇用の制度を利用するなら障害者手帳を取得している必要があります。

自分にしかできない凄い能力があってもできないことが評価を下げてしまい、得意な能力を発揮する機会が回ってこないというのがまじめ系クズであるADHDのツライところです。

メニュー

Copyright(C) 2012 ADHDの転職を探す終わりなき旅 All Rights Reserved.