ADHD,発達障害,転職,就職,転職エージェント

ADHDの私が転職に巡り合うための記録

ADHDの症状によってケアレスミ

ADHDの症状によってケアレスミスを起こしやすくなるのですが、ADHDの当人が本当に困っているのは何かというとミスを重ねることで評価が下がり上司や同僚から信頼されなくなり疲れ果ててしまうことです。就労支援では書類審査後の面接の練習もしてくれます。

ADHDだとどうしても面接で言わなくてよいことを言ってしまうので、希望の職種や、やりたいことなどを事前に練習しました。障害者雇用の場合、会社が社員をクビにする条件が厳しいので簡単に解雇できないという特徴があります。

給与額や仕事の内容の面では、通常の契約社員の方などと同等の条件で採用される場合は多いようです。

会社に障害を隠しているということは自分だけ簡単な仕事をさせて欲しいとは言い出せません。周りから見ていると簡単そうに見える仕事でも身体を動かしてみると大変さが身に染みるということは往々にしてあります。就職活動の取り組み方も一般雇用・障害者雇用では違ってきます。普通の方と同等の条件で雇用されることを一般雇用といいます。できないことをオープンにするかは各々の判断によるでしょう。自分が言わない限り、障がいが会社に認知されることはそうそう起きないでしょう。

意味が無いなどと思わないでしたことがない訓練を積極的に試してみてください。面接の練習やグループディスカッションなど、利用できる内容が豊富です。
家から出る習慣を付けることも就職後の自分のためになります。
障害者トライアル雇用の求人を選んで企業に就労し、経験を重ねるという方法があります。正社員として採用されているADHDを抱える人の割合は低く正社員の割合は2割ほどで、60%くらいが定食に就いていないという記事もあります。一般より能力が高い部分があっても、疎まれることがおおく、いつまでたっても出来ないやつ扱いで、活躍のチャンスがさせて貰えないというところがADHDのツライところだと思います。
就労移行支援をしている事業所は障害者手帳を持っていなくても障害福祉サービス受給者証があればサービスを受けることができます。しかし、移行支援を活用して就職先を探す場合でも障害者雇用として企業に採用されるためには障害者手帳を取得している必要があります。適性の低い仕事を無理して続けていると精神的に参ってしまい「うつ病」につながる場合もあります。


問題が大きくなる前に退職などの選択肢も頭に浮かべておくと良いかもしれません。


就職を考える時、自分の障害を開示するのか隠すのかは誰もが悩む問題だと思います。



就職後のことを考えれば不得意なことを説明しておいたほうが多くを期待されずに済み働き易いでしょう。悩ましいのは特性を説明した上で面接を突破できるかです。
ADHDを持っている人は細かな事務的な作業より発想力や行動面を重視した職業の方が合っていると言われています。自分の経験の中で会社を辞めるきっかけとなった失敗や他の人より上手にできた仕事を挙げてみましょう。

何度も大きな失敗をした仕事があれば近い仕事内容の職種は優先度を下げた方が良いでしょう。
ADHDの当事者を特に困らせる特性は「チェックの甘さ」「誤字・脱字の多さ」であるため、ミスや不注意が許容される文化や仕事の内容を選ぶ必要があります。
発達障害を抱える人はコミュニケーションで鬱な気持ちになりやすいのでできるだけ深く考えこんでしまわないように工夫することが大切です。

メニュー

Copyright(C) 2012 ADHDの転職を探す終わりなき旅 All Rights Reserved.