ADHD,発達障害,転職,就職,転職エージェント

ADHDの私が転職に巡り合うための記録

ADHDには細かいチェックが必要な仕事より発想力や

ADHDには細かいチェックが必要な仕事より発想力や行動面を重視した職業の方が合っていると言われています。
今までの経験の中で克服できそうにない失敗や積極的にできた仕事などを整理してみましょう。

何度も大きな失敗をした仕事があればそのような職種はやめておいた方がよいかも知れません。

向いていない仕事をしていると、心が疲れてしまい「うつ病」につながる場合もあります。困り感が我慢できないほど強くなる前に退職などの選択肢も頭に浮かべておくとニッチモサッチモいかないという状況を回避できるでしょう。今のままでいいと考えず、興味のある訓練を精力的に受けてみてください。
悩みの相談や企業実践など、就職活動に役立つ講義がいっぱいあります。

家を出るくせをつけることも就職後の自分のためになります。

ADHDの症状によってミスを繰り返してしまうのですが、本当に困るのは何かというとそれらの失敗により評価が下がりきつい言葉を浴びせられ精神的に参ってしまうことです。

一般より能力が高い部分があっても、疎まれることがおおく、やりたい仕事ををせせてもらえる機会が回ってこないというのがADHDのツライところだと思います。



職業安定所では面接についての相談に乗ってくれます。ADHDを抱えていると言わなくてよいことを言ってしまうので、希望の職種や、志望動機などを伝えられるように準備しました。



ADHDの当事者を一番悩ませる症状は「チェックの甘さ」「確認ミスの多さ」であるため、不注意による失敗がある程度許される社風や業務をすることが社会生活を成り立たせるための近道です。

なんとなく見ているとどんな単純な仕事に見えても実際にやってみると大変さが身に染みるということは誰でも経験したことがあるでしょう。就職活動をする時、自分の障害を説明するのかクローズにするのかは誰もが悩む問題だと思います。


採用されたあとのことを考えればできないことを理解してもらっておいたほうが長く働くことができるでしょう。

悩ましいのは特性を説明した上で採用試験を乗り越えられるかどうかです。障害者雇用の場合、会社が社員をクビにする条件が厳しいのでクビになりにくいというメリットがあります。
仕事の内容は正社員と全く同じとはいきませんが、契約社員の方などと同等の条件で働くことができるケースが多いようです。ADHDの当事者はさまざまな場所で思い悩みやすいので、日頃から気にしすぎないように努力することが大切です。トライアル雇用を選択して企業に就労し、正社員を目指すという方法があります。

正規雇用で働いているADHD当事者の割合は低く正社員は20%くらいで、60%程はそうではないというデータもあります。

採用試験へのプロセスも一般雇用・障害者雇用では異なってきます。普通の方と同等の条件で雇用されることを一般雇用といいます。

自分の特性を会社に説明するかどうかは各々の判断によるでしょう。本人が公開しなければ障害が会社にバレることは基本的にありません。


給料を貰うということなので、説明しにくいものです。


就職の為の移行支援は障害者手帳を持っていなくても障害福祉サービス受給者証を持っていれば使用できます。


ただし、支援を受けて就職する場合でも障害者雇用の制度を利用するなら障害者手帳を持っている必要があります。

メニュー

Copyright(C) 2012 ADHDの転職を探す終わりなき旅 All Rights Reserved.